• Top
  • 院長紹介
  • 当院のシステム
    • ご紹介いただける先生方へ
    • 歯科医院様からのご紹介がない患者様へ
    • はじめての方へ
  • 根管治療について
    • 根管治療について
    • 外科的歯内療法について
    • 根管治療の必要性について
    • 根管治療Q&A
  • 治療費用
  • 医院案内
  • 講演活動
  • English

根管治療Q&A

  • TOP
  • 根管治療Q&A

根管治療Q&A

根管治療・歯内治療についてよくある質問にお答えします

大阪駅から徒歩5分 梅田の歯科医院「YOKOTA DENTAL OFFICE(横田デンタルオフィス)」は歯内療法(根管治療)を専門とする歯科医院です。一般的な歯科医院では治療が困難な虫歯の重症例、根尖病変、歯内療法(根管治療)の再治療などを手がけています。こちらのページでは、当院に寄せられる歯内療法(根管治療)に関するよくあるご質問に、Q&A形式でお答えします。

治療中や治療後に痛みを感じることはありますか?
【治療中】麻酔を施しますので痛みを感じることはほとんどありませんが、ごくまれに麻酔が効かない体質の方は、痛みを感じることがあります。心当たりがある方は、事前にご相談ください。

【治療後】根管治療の目的の一つが、歯髄内や歯の根っこで起こる炎症や痛みを除去することにあります。治療後数日は、過敏になって痛みのような違和感や刺激に反応してしまうこともありますが、数日内に治まるケースがほとんどです。このような不快症状は痛み止めで対応します。
治療には何回くらい通えばいいですか?
感染していない場合、通常1回で治療が完了します。感染している場合、2~3回治療を行います。
歯の根の病気や根尖病変が起こる原因は何ですか?
「原因は細菌」です。神経が生きていれば、根管内は無菌状態です。しかし、虫歯菌によって歯質が溶かされ、何らかの原因で細菌が歯髄まで到達した時、歯髄が感染炎症を起こし根の先にトラブルが起こります。
歯内治療ができないケースはありますか?
重度の歯周病であったり、歯に縦のヒビが入っていたり、歯がほとんど残っていないケースでは、歯に被せ物を装着できません。また、無理に歯内治療を行ったとしても、咬める歯として機能させられないので、抜歯せざるをえないというのが実情です。
根管治療後に被せ物の取り付けは行っていないのですか?
はい、当院は根管治療・歯内治療の専門医院です。被せ物の装着(歯科技工)やその他の治療には対応しておりません。治療後はご紹介いただいた、かかりつけ医師に被せ物の装着をお任せすることになります。
かかりつけ歯科医師からの紹介がない場合はどうすればよろしいですか?
基本的には紹介が必要ですが、かかりつけの歯科医院様が決まっていない患者様に限り、患者様のご都合に合う歯科医院様をご紹介させて頂く事は可能です。
健康保険は適用できないのですか?
はい、申し訳ありませんが、当院は自費診療のみ根管治療のみの歯科医院です。「高度な医療技術」をご提供する理由から、健康保険が適用されませんので、あらかじめご了承くださいませ。

ご相談・診療ご予約はこちらから
お電話でお申し込みください

完全予約制

tel:0663483551

【診療日】月火水木金土
【診療時間】9:00~19:00
【休診日】日・祝

ECJ

PESCJ